アクト・セン株式会社|3Dプリンター造形サービス|医療機器メンテナンス|新卒採用

医療機器の保守・医療分野の3Dプリンター造形サービスのことなら、アクト・セン株式会社にお任せください。

医療機器保守のエキスパート

アクト・セン株式会社


本社:〒981-0902 宮城県仙台市青葉区北根3-26-7
テクニカルセンタ:〒192-0032 東京都八王子市石川町94-1

お問合せ

9:00~17:00
(土日祝を除く)

◆お気軽にお問合せください

042-660-5808

ACT1000 NEWS-Study group

≪医療機器 見学会≫
弊社保有のCTを使用して
国内外の講師の方向けに見学会を開催

技術者(インストラクター)育成の教育プログラムの一環として、弊社施設において
アクト・センのエンジニアが医療機器見学会を開催致しました
 

 日 時  2017年6月16日 13:4516:45
 場 所  GWINテクニカルセンタ(弊社研修センター)
 参加者  日本工学院八王子校 講師,
 
SEHAI専門学校(サウジアラビア)講師、
 中東協力センター 
(敬称略)

※日本工学院八王子校とサウジアラビアSEHAI専門学校では海外提携教育があり、その教育プログラムの一環として企業での研修も行われているそうです。

まずは座学からスタート。
一部通訳も弊社エンジニアが行いました。

CT実機。作業前にゴーグル、マスク、安全靴、作業着着用。

 

イメージトラブル発生時の解析方法の紹介。


因みにですが、弊社のエンジニアは大きく分けて2種類の業務に分かれています。

カスタマサポートエンジニア

実際の医療現場でトラブルが発生した際、装置の持つシステムLOGやイメージトラブルなどをリモート操作を行うことが出来ます。これはフィールドエンジニアが現地訪問しなくても原因を解析したり、遠隔で装置の復帰ができるような業務を行います。

フィールドエンジニア

定期点検、装置の新規据付やリモートでは対応できない修理を現地に行って対応します。

◎専門性の高い特殊な業界ですので、弊社ではCT実機の導入など、未経験からエンジニアを目指せる環境を整えています。

患者の方がどのような状態になっているのかを、視覚的に捕らえる事ができる大型の画像診断装置の需要は高まっており、それに合わせて機器の保守・メンテナンスの需要も非常に高まってきています。
弊社エンジニアは進化していく医療環境に合わせ、自己研鑽に努めています。


●見学会のプログラムは、以下の内容です。

① 日本市場における医療機器とカスタマーエンジニア

画像診断装置は・・・
安全への取り組み・・・
日本のカスタマーエンジニア

② 画像診断機器の説明              

各Modalityの簡単な説明
CTについて:CTの概要、機器の簡単な構成説明等
サンプル物質のスキャン 画像解析(3D)

③ 点検デモンストレーション           

点検前イメージチェック
X線照射筒の清掃
高電圧発生器の測定
キャリブレーションとイメージクオリティチェック
お客様引渡し前チェック

④ 修理実習                   

メーカーからの支給されるマニュアルの紹介
パーツ取り外し、取り付け作業例
イメージトラブルの解析と復旧作業

⑤ 質疑応答                   

 


◆分野の違う海外のエンジニアの方に専門的な説明をするのはとても大変でしたが、考え方や認識の違い等、質問を受ける中で非常に勉強になり良い経験でした「今度は生徒を連れてきたいと」先生方もおっしゃっていましたので、機会があれば企画したいと思います。

アクト・セン フィールドエンジニア